あみぐるみやお菓子作り・・ 日常生活の出来事など色々綴っています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

子供の事。

明るい話題を書けずごめんなさい。
ちょっと真剣に真面目な話で面白くないと思うのですが
愚痴を書かせてくださいっっ。

嫌な人はスルーしてくださいね



小学6年の娘の事なんですが・・
地元の祭があり(夜10時くらいまで屋台などのお店が出ています)
夜の祭なので、子供達だけ行くのは心配だったのですが

お友達のお母さんが車で連れて下さるとの事だったので
夜の祭に行く事をしぶしぶOKしたんです。

で、事前にお友達のお母様にもご挨拶をして、
「遅くなって心配されないかなぁ・・」とおっしゃるので

「いえ、子供達だけなら心配ですが一緒に行って下さるので安心です。」と
言ったんですけど・・

でも我が家の就寝時間になっても娘は帰ってこない。
下の子供達はもう夢の中・・

時計は10時前。

いくら大人が一緒だと分かっていても、さすがに心配になってきました(+_+)

遅くなっても大丈夫です・・と言ってしまったから私にも責任あるけど

待ってる間に、「事故でもあったのか」「迷子になってしまったのか」
色んな事が頭をよぎり、じっと待っていられなくて・・苛立ちさえ覚え
冷静な気持ちでとても待っていられませんでした。

その時、ふと自分の子供の頃を思い出しました。

10代の頃・・夜遊びを覚えて、家に帰らない悪い娘でした。

朝方家に帰ると、父親の部屋の電気がついていて
「今、何時だと思ってる?どんなに心配したかわかってるか。」
との冷静な言葉で、父親が私に言った事がありました。

・・・と、この言葉何度も言われました。

でも、17才の私には、その親の心配も「ウザイ」ものでしかなかった。

何でそんなに心配ばかりするの?
私の事はほっておいて!!

いつもそんな事ばかり思って、親の気持ちなど考える事すらなかったように思います。

で、今、私がその時の父親の気持ちになっています。

「どうしたの?何かあった?!」
心配で胸が押しつぶされそうになります。

・・・で、このブログを書いてる時に、娘が黙って帰ってきました。

冷静に話そうと思ったけど、心配の気持ちが爆発してしまい
いきなり
「何時だと思ってんの?!!
何してたん?!!!
こんなに遅くなるとは聞いてないで!!!」

一気に気持ちをぶつけてしまいました。

「はぁ?ママだって、OOのお母さんに、遅くなっても心配しませんって
言ってたやん!!意味わからへん!!」

と吐き捨てるように言って、自分の部屋に行ってしまいました。

悲しい気持ちで胸がいっぱい。

・・・と言うより、あの時の父はこんな気持ちだったんだと
親だからこんなに自分の子供を心配しているのに
それなのに
子供は親の気持ちは分かろうともしない。

父さん・・こんな気持ちでいたんだね。

私は心配ばかりかけていたんだね。

ごめんなさい。

もうこの世にいない父を想い、胸が痛くなりました。

娘には怒鳴りつけたまま、会話していません。

明日、きちんと話そうと思う。

親の気持ちは、親になって初めて分かるものなんですね。

親の有難さを知るのも・・この年になってなんて・・最低です。

謝りたくても、もうこの世にいない父。

元気なうちに、謝りたかった。


今日は少しブルーな気持ちでいます。
スポンサーサイト
[ 子供のこと ] . . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。